我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通院卒業できました
2009年02月05日 (木) | 編集 |
我が家は病院に行くことがほとんどない家庭でしたが、
この2ヶ月間は予約、診察、薬局、送迎の日々が続きまして、体に弱さがある方々の痛みや、想いがちょっとではありますが、分かった気がします。

エミリは、みなさんに優しくしてもらい、救急車のサイレンにも
「だいじょうぶかな?」
「おおきくなったらかんごしさんになろうかな?」
と想いを馳せられるようになったり、
「わたしの痛みは指だけだけど、他にも病気やけがの人がいるんだね、」
とか
「十字架に架かったイエスさまはもっと痛かったよ、ママ、だからだいじょうぶ」
とクリスマス洗礼後のできごとだったこともあり、点滴姿にてれながらも笑ってのける姿に母としても慰められました。

そして、きょうでひとまず、治療が一段落つき、
指も神経も血管も再生してくれ、見た目にもだいぶきれいになり、心配された感染症と再手術もなく、消毒と感染防止の点滴と飲み薬の治療だけで終えることができました。
(書類を整理するとそれでも30回近くの通院歴…。我が家のレベルからすると10年分位通った感じです。)

振り返ると、大晦日やお正月もバタバタと通院、治療第一で、子どもたちにはお出かけやごちそうもままならず、途中、熱と腫れや、抗生剤のお薬で薬疹が体中に出たりと、さびしい想いをさせたり、心配なことも多々ありましたが、
その時々でいつも祈られている確信は変わらずにあり、私たちは鍛え上げられて、今回のことで強くさせていただいたようです。

「ウィズはかんじゃったけどかわいいよ、ウィズは悪くないよ」
と相変わらずいっしょになかよく暮らしています。
ウチの子の指で、よかった…。
(骨ガムをおいしそうに夢中で噛んでるウィズの歯の血が心配で気になったばかりにいつものように手を差し込んだハプニングでしたので…ウィズもびっくりしたよね)

この経験を生かし、いただいた感謝をこれから少しずつ、周りの方々へ恩返しができればと思います。

サイズ変更DSCF2693





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。