我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26日目
2006年05月04日 (木) | 編集 |

やっぱり簡単じゃないか…というタイトルで、
今日もBWさんちのキルト情報が届きました!


「キルトは全然吠えないし、わがままも言わないし、たいしたイタズラもしないので手がかからずとってもいい仔してます!ドロシーが楽しそうにお相手してるので、安心して任せています。母婆共に負担なんて全然!楽しませてもらっています!~先ほどまた散歩に出ましたが、やっぱり玄関は「イヤー」でした…こちらが考えるほどかんたんではないですね。」

ドロシーママとの2ショットが届きましたのでこちらもご厚意に甘え、ご紹介します。


親子の子育てが目の前で見られるのは、大変な分BWさんの特権ですよね。
私達のお世話になってる宮崎さんは当初、盲導犬のリタイヤ犬のボランティアを希望されてたそうですが、対象犬がなく、ドロシーのお世話する方を協会で探していたタイミングでBWさんになられたのだそうです!出会いって不思議で素晴らしいですね。

ドロシー母さんの子育ての様子もよかったら相互リンクでご覧いただけますヨ。
盲導犬も家庭犬と同じに愛されてドラマもたくさんあるんだなぁ、と知りました。
新米PWになり、私達もたくさんの元気や愛をもらってます。
そして、目がみえないってどういうことだろう?係わるようになってからそんな不自由さに
小さき者ですが、こんなに可愛い仔たちによって誰にもあるような自由や尊厳のもてる日々が送っていただけたら、とも気づきつつ…。
日毎に芽吹く野の花や木々たち。新緑が眩しいいつもの季節が、今年はなんだか特別に見える今日この頃です。



20060518204939.jpg
20060518211505.jpg20060518212455.jpg
                   20060518213049.jpg
                                 20060518213246.jpg
                         20060518213512.jpg
                                                                                                                                    20060518213637.jpg
                         20060518213749.jpg
 

20060520140206.jpg

20060520140315.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。