我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち葉の季節
2008年10月28日 (火) | 編集 |
一年経つのも早いものです。

落ち葉があちこちに風のメロディにのって舞い散る今日この頃です。
衣替えや寒さ支度の準備しながら年取るのも早いわけだなぁーなんて思います。

ウィズとよく歩いた公園にエミリと秋を探しに、おべんとうもって遊びにいきました。
「まっかだなーまっかだなーつたのはっぱもまっかだな♪」
学校でちょうど習ってるそうで、大声で真っ赤な秋を歩きながら歌ってくれました。

そして、ワンちゃんとお散歩連れの方が通るたびに、いろいろ思い出します。

みんな、秋の色とりどりのじゅうたんを創っているこの葉っぱさえも
一つとして同じものは探せないそうです。

みんな違っているから美しいのですね。
みんな違っていて、みんないい。20071023002831.jpg


染まり具合や色あせも様々な落ち葉をふみしめ、ウィズの進路や思い出をふりかえるうちに
「色づきがきれい、役目が終わって枝から放たれたこの今もそれはそれで素敵なものね」
とふっと思えました。
やがて実や花になる養分を蓄えるための光を取り込んでくれたにちがいないこれらの葉っぱたち。
自分色にしっかりと染まりゆく中で、
我が身を介してだれかや何かの役に立っている、
自分もそんな落ち葉のようにきっぱりいきたい、
なんてなぞらえてみたり…。

弱い私も、
離せば落ちる
落ちれば割れる
もろくてちいさな土の器だけど
こんな者だけど、
この私というちいさな器にも
私を愛して造られたお方によって
かけがえのないものを詰められるようにできているから
不思議です。

飛んで行って
舞い散って
あるものは掃かれ、あるものは土に帰り、あるものは炉に入れられてしまう落ち葉にも
ふと元気をもらってたりしてるこの頃であります。
20071017005609.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/01(Sat) 14:51 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。