我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィズのトライアル
2008年10月20日 (月) | 編集 |
ウィズママです。
富士ハーネスにいるウィズに面会をしてから一週間がたちました。
この間、さらに悩みまくり、祈り、ウィズの進路の結論を、なんとか導き出すこととなりました。

夫婦で意見が分かれたものの、最後は一致して、子どもたちとも相談し、ウィズのために新しい家族を探していただくことにいたしました。
幸いウィズの風邪も先週半ばには早く治り、土曜日に最終返答することになってましたので、寝ても覚めてもウィズとの将来を思い描きつつ、過ごしました。
我が家で一緒に暮らしているウィズ。
そして、新しい家族のところで、やっぱり元気に暮らしているウィズをイメージしてみました。
どっちもそれなりに素敵だろうし、と思いながらもトンネルの中にいるような、答えが出なくてとてもとても切ない一週間でした。
でも、たくさん、ウィズのことを考えながら、想いを寄せられた時でもありました。

ウィズのおじさんにもあたるジャンボくんファミリーさんに
「ご飯食べに家に来ませんか?」
とお招き受けておいしいごはんをほおばり、足元にはジャンボ君が寄り添う中、盲導犬ボランティアについて語らいを持てたりー…、

キルトのユーザーさんからも、
「ウィズもいい子ですよ~かわいいウィズとキルトといとこ同士一緒に引き取れれば楽しく安心してこれからも行き来できるかしら」
とボイスメッセージをいただいたりー…、

パピーウォーカーの担当を今までしてくださったスタッフさんにも
「もし続けるのでしたらありがたいのですが、でも悩んでることあればなんでも相談してくださいね、」
と声掛けていただいたりー…、

キャリアチェンジ犬の担当をしてくださっているスタッフさんにも
「ウィズは幸せですね。でもパピーウォーカーさんの確保ということもあって、7月に生まれた仔たちからはパピーウォーカーさんはキャリアチェンジ犬としてはパピーを引き取れなくなるのでお返事の時までそのこともご意思の決定にご参考下さい。」
といろいろ親身にほんとうにこちらのブログでもほかにもたくさん皆さんが、お心配りをしてくださいました。

ほんとうにかんしゃです。

いろいろ考えた結果、
WITHの名付けにも由来するのですが、
「与えることは、受けることよりも幸いである」
「分かち合うことで、幸せと恵みにあずかりたい」
と、いう想いに導かれました。
ほんとうに自分たちの気持ちの中に、ウィズとこのままずっと暮らしたい!!という気持ちは消えないどころか、むしろ大きくなるばかりで、完全には整理できなくてまだ一抹の迷いもありますが、
あえて手放すことを我が家ではチャレンジすることにしました。

土曜日のギリギリまで「ウィズがかえますように」
と祈ってたシモンやエミリも今は、
「ウィズにすてきなあたらしいかぞくがみつかりますように」
と祈りに和してくれるようになりました。
とはいっても、これからあずかれるパピーは、もうキャリアチェンジでは戻ることはない覚悟をもって飼うことになるので、手元におけて引き続き飼える最後のチャンスのウィズを手放すことは、パピーからお世話した分、やっぱりつらいです。1年とはいえ、わが子らともきょうだい同士で育ってきたので、わざわざ親があえて引き離してしまうような気もします。
「どっちもしたいな、」
というリリカお姉ちゃん。
でも、ウィズは、訓練士さんによると、
「鳴くことが否めなく、パピー犬との2頭飼いはパピーが学習してしまうかもしれないので、ウィズを引き取ればできない可能性が高いでしょう。」
とも申し渡されていたのです。

我が家の場合は、パピーウォーカーのボランティアをこれからも続けていくこともまた貴重な子育ての体験で感謝かもしれない、とパパママで手を取り祈り合い、向き合うことでやっと出せた結論です。
パピーのボランティアもどこまで力が続くものかとも不安もあるのですが、今置かれている我が家の住まいが盲導犬協会訓練センターと行き来もしやすいこと、他者のために生きる姿をスタッフのみなさんから学ばせていただけたこと、そしてキルトのユーザーさんへのかわいがられようや、永らく盲導犬を切望されてたことも実際に伺い肌で感じ、もう一度、パピーウォーカーを体力のあるうちに続けてみよう、とも思えるようになりました。

実は、ウィズとの面会を終えた帰路の車中で、再会で悲しみのあまり、
「もうきめた!次の休みにはウィズを連れ帰るぞ!俺が散歩も費用の心配も全部面倒みるから。ウィズーーー待ってろよー」と叫んでいたパパも、
「メリハリもでるし、また、トイレの世話から大騒ぎしてパピーを育てれば気も紛れるよ、
ささやかな社会貢献もせっかく始めたことだし、切り替えたから、な。もう決めたから迷うな。」
と。
ウィズを引き取るにもパピーをまた預かるにもいろんな心配ばかりして、優柔なダメなママとは大違いです。
男の人は潔くてすごいな、と思いました。

子どもたちには
「ウィズの新しい家族が、ウチがパピーをするまでまだすぐに決まらなかったら、そのときこそはウィズを引き取ってね。」
といわれています。
そんなことがあればそれもまた神様が与えることでしょうし、
「そうだね、そうなるんだったらその時はパピーウォーカーは先送りして、そうしようか!」と話しています。

いまは気晴らしにまだカラ元気なのですが、いろいろ想像しては盛り上がってます。
「今度も(ウィズみたいに)黒ラブがいいな、」「今度は男の子がいいな、」「(キルトみたいに)かわいがってもらえるといいな」「12月には来るかな?」
とまぁ、
私も書いていて、頭の整理ができたような、できてないような、現状ですが、ウィズのいままでを愛おしく思いながら、でも希望を持ちつつ、進路を見守りたいと思っています。
サイズ変更057
「わかりました、では、パピーウォーカーのほう、よろしくお願いします。うまくいけば週明けには面会になるかもですね、やってみないとわかりませんが。でも、トライアルまで行ったらウィズかわいいからきっとすぐに決まりますよ。(選定に)ガンバリマス!」
だそうです。早く決まれば素直に感謝で喜ぶべき、ですよね、、、ウンそう思おう。

デモ、出戻った時は、、、
それもそれでウチでも大歓迎デスノデ、、、ウィズ、心配なくね!
サイズ変更回転118





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
家族みんなが納得できる答えが出せて良かったです!!
ウィズちゃんに幸せな家族が見つかると良いですね♪
次からは引き取れなくなったのですか。。。
うちでも3頭目の時が引き取れるのは最後だと言われ
(3頭目の途中で方針が変わったようです)
4頭目以降は引き取れなくなりました。
ご家族のみなさん、ゆっくり気持ちを整理して・・・
また落ち着いたらパピー再開してくださいね!
2008/10/21(Tue) 15:08 | URL  | sono #xtc7akX2[ 編集]
sonoさんへ
いつもありがとうございます。
おかげさまで、なんとか一歩前に進めました。
トライアルの結果も頂けるようですので、ウィズのこれからの幸せを家族で祈りつつ、待っています。
これからも小さき力ですが、盲導犬つながりでよろしくお願いします!
2008/10/26(Sun) 17:23 | URL  | ウィズママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。