我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしの田舎道をおさんぽ
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年の年越しは、パパの実家で家族揃って過ごすことになりました。
大晦日の実感がないまま、今年も終わろうとしています。

ところで、ウィズはおじいちゃん、おばあちゃんたちに会うのは初めてです。

「大きいねぇ~このおいぬさんは。」
と、去年のお正月のキルトと比べるとまだ子犬だからもっと小さいと思ったらしく、びっくりされました。

小雪混じりの風も舞い、思ってたよりもかなり寒くて、昨晩はクレートにかける毛布をお借りしました。
外でのトイレに行きやすいよう、干した洗濯物やおじいちゃんの盆栽がおかれているサンルームの片隅がウィズの宿です。

リビングからも見えますが、朝からこたつでぬくぬくしてる人間たちを切なげな目で見るウィズと何度も目が合い、ちょっぴり後ろ髪がひかれる想いでした。

そんな中、こたつから出られなくなるほどの誘惑を断ち切り、パパがおさんぽに行ってくれることに。

てくてく寒空のなか、ウィズはしっぽをふってでかけていきました。
かなりたっぷり過ごしてから無事に帰宅しました。

思い出の母校に行ってきたそうです。
パパの小さい頃にはスケートリンクを作り、毎日のように滑っていたという校庭です。
最近はここも温暖化の影響で、スケートの氷が張れる学校は激減してるそうです。
サイズ変更080105 082

a href="http://blog-imgs-41.fc2.com/k/a/v/kava/20080122002710.jpg" target="_blank">サイズ変更080105 108
サイズ変更080105 113
サイズ変更回転080105 114


ウィズとタイムスリップしてきたパパは、少し若返ったようでした。
一年間、いろいろとお疲れ様でした。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。