我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドロシーママの引退(430日目)
2007年06月09日 (土) | 編集 |
キルトのおかあさん犬・ドロシーのボランティアさんからのちょっぴり切ないおしらせでした。
盲導犬の繁殖犬の引退が決まったのだそうです。
キルトたちのお産は3回目で、盲導犬になった子やPR犬になった子、たくさんのお兄さん・お姉さんもたくさん育ててきてくれた、ドロシーママ。
先日、そのドロシーママも高齢出産の歳を迎え、ドクターの判断で、
「もうそろそろ赤ちゃん産むのは卒業しようね。」
というお話になったそうです。

えーっと、ママはまだ6才なのに。

キルトたちでさいごの仔になるんだ…それだけお産ってたいへんなんだね。
ワタシタチが巣立つまでも、おなかを痛めてのお産からまいにち毎日オッパイをごくごく飲ませてくれたり、ペロペロなめて優しく安心させてくれたり、ゆっくりもねむらずに連れ添ってくれたり…、
他のおかあさんもそうだけど、盲導犬パピーのおかあさんは特別知らないうちにもすごーい期待を背負ってたくさんがんばってきたんだろうね。
盲導犬の現役歴は10才くらいと聞いていたのですが、(その後は引退犬でまたボランティアさんたちとのんびり過ごせることも)
その盲導犬の仔たちを産んで育てるという大役はさらなる体力を要するんだって。
ドロシーママのブリーティングワーカーボランティアさんも
「ドロシーの仔がもう送り出せないのはとってもさびしいけれど、ガリガリにがんばって仔育てしてるのも見てきたのでこのことを一方ではホッとして受け止めてます。」と明かしてくれました。
その度ごとのお産と子育てのご奉仕、盲導犬育成のなかでも、壮大でデリケートな大役でしたねでしょうね、ほんとにほんとにお疲れ様でした。
きっと多くのパピーウォーカーさんがたくさんの愛を注がれ、楽しんで子育てできたと思います。

ドロシーママ、ワタシたちを産んでくれてほんとにありがとう!!

もうすぐ避妊の手術をするんですね、さいごまで甘えさせてくれて、ママ、ほんとにありがとう。
だれか、娘が引き継げたらいいけれど、でも、ママの子でよかった…。

20070823021717.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うれしい☆
「ママの子でよかった…。」
その言葉、とってもとってもとってもうれしいです。

ドロシーは術後も問題なく、すっかりいつも通りののんびりまったりの日々です。最近ドロ孫の話も耳にするようになり、また、Q胎のみんなもちゃくちゃくと大人への道を歩いている様子を聞き、子供達の活躍を目を細くして喜んでいます。
2007/09/09(Sun) 00:50 | URL  | nana #RqWBMyRA[ 編集]
大家族でウォーキング♪
心温まる婆やさんのメッセージにまたじ~んです。ドロシーも子や孫に囲まれ、そうですね、ずっとこれからも一緒にウォーキングできるんですね、何だか安心しました!
我が家もまた、新しいきょうだいパピーさんやパピーのパパママさんとの交流が始まりますが、キルト似の仔に目がいきながらも新生活を楽しくがんばります。これからも一緒にウォーキング♪キルトの姪っ子共々よろしくお願いします♪
2007/09/09(Sun) 22:29 | URL  | キルトママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。