我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キルト、いまごろどうしてるのかな(369日目)
2007年04月12日 (木) | 編集 |


281おはようございます。
寝起きのパパ「キルトー…ッおはよぅ!あーいないんだった。」
仕事後のママ「キルトを迎えに…アッ、エミリを迎えに行ってくるね。」
電話が鳴るたびにこどもたち「キルトの様子の連絡だった?」
ついついまだパピーウォーカー症候群がどうやらつづいているようです、ハー390
心配してた子どもたちもリハビリはがんばっていて、
みんな頭ではもう分かってこんな会話ができるようになりました。
「訓練士さんに可愛がられて訓練がんばって、出来ることなら盲導犬にもなれますように、」って。
でもついついしゃんとしてないとキルトのことをまだ傍にいるかのような発言や言動をしてボケてもいます。
みんなで笑い飛ばしながらも、「キルト、いまごろどうしているのかな?」
の締め言葉とともに、ため息になってしまうこともいっぱいです。

健気にいつも指示や、おさんぽかな、ごはんかな?とじぃっと見つめてくれていたあの瞳がなつかしいです。

ひとまずの次の楽しみの目標は、TP(タスクパフォーマンス)1後にあるであろう面会です。
キルトたち訓練犬の稟性をみる中間テストのような試験が2~3ヶ月後にあるのだそうです。
40ウォーカー、訓練士さんと過ごした後に総合判断し、訓練に支障が無さそうだと判断されれば、私たちPWとの面会がかなうそうです。
あるであろう、というのも今回はかつてない規模の41頭の一斉訓練ということで、横浜だけでなく、富士に8頭、仙台に4頭送り、訓練をとにかく第一に(当たり前といえば当たり前ですよね)進めるそうです.。
パピーウォーカーさんちへの里帰りや、面会申し込みなども対応できてたときもあったそうなのですが、TP1終わるまでは面会せず、今後もキルトの訓練次第ではTP2まで会うチャンスはないかもしれません。
「富士になっても仙台になっても面会できるんだったらもちろん会いにいくぞ!」
とパパたちは張り切ってます。

残りの60ウォーカーを経てさいごのTP2にも合格したら、次は歩くテンポや体格や、性格の相性などをユーザー希望の方とマッチングさせて共同生活訓練に入るのだそうです。
でも盲導犬になれるのは全体の3分の1くらいで、その不適性のうちの6割はTP1の段階で、4割がTP2で盲導犬とは別の道を歩む評価を受けるそうです。

「適性を曲げてまで犬には無理をさせない」という方針だけに厳しい数字だけど、できるだけたくさんの盲導犬が私たちの同期入所犬からもうまれてほしいなぁ~。

でも、感謝なことには、同じ理念を持つ他の協会へ補助犬や介助犬としての活躍や、とくに選ばれて盲導犬を残すための繁殖犬、あるいはPR犬、そしてキルトとすごすチャンスがあるとしたらこのケースなのでしょうが、キャリアチェンジ犬といってボランティアさんちの家庭へ譲渡されて出戻って一緒に再び暮らせる場合もあるそうです。
ちなみにリタイヤ犬はユーザーさんの希望や健康管理を施せるかといった次第なので、PWの家にはキルトを希望していても叶わないときもあるようです。

どんな道でも拍手で受け入れたいですが、母的には同じ女性として、キルトがもしも繁殖犬になって赤ちゃんパピーを産んだりしたら、と思うとちょっぴりドキドキワクワクです。

キルト、いまごろなにしてるのかな?   しっかりお勉強がんばってね。


20070412074519.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/12(Thu) 13:20 |   |  #[ 編集]
いつも来てくださり本当にありがとうございます。お気遣い頂き申し訳なく、でもお心遣いとっても嬉しいです。これからもキルト、皆さんにも可愛がってもらえたら幸いです。
2007/04/12(Thu) 23:49 | URL  | キルトファミリー #-[ 編集]
感謝
こんにちは、先日は暖かいコメントありがとうございました。
今は・・・受験生の子を持つ親のような感じでしょうか (・・?
進路が決まるまでは、応援しながらも暖かい目で見守ってあげたい・・・そんな心境なのでは・・・
PWって、任務完了後もいろいろな楽しみがありますネ・・・奥が深い活動です (^^)
2007/04/15(Sun) 00:39 | URL  | パパーウオーキング♪ #-[ 編集]
訓練犬になっても一緒に歩いてるようです
ウィッシュ君もきっと、いまごろたくさんのパパーウォーキング♪さん家族の愛の貯金を元手に訓練頑張ってるでしょうね!
キルトは、やはりスゴイ規模の入所式当日となり、嵐のように手元を去っていったような心境です。
PWさんもパピーたちもみんな同志・応援団・親戚のような想いで式を終えました。みなさんからの支えの大きさを、キルトが去った今、改めて実感しています。私たちだけでは任務をこんなにも楽しんでできなかったと思います。
不安ながらも一緒に育ててくれた同志のみなさまに本当に感謝、かんしゃです♪
離れていてもパピーたちの今後をドキドキしながらもずっとずっと応援しています。
訓練士さん、訓練生さんにバトンを託した後も一緒に歩いているような、ほんと短くも長い奥深い体験だなぁと私たちも感じています、ウィッシュ君に会う日もまた楽しみですね。また、ご様子是非きかせてくださいね。ありがとうございました。
2007/04/18(Wed) 00:45 | URL  | キルトファミリー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。