我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
279日目 11ヶ月になりました
2007年01月12日 (金) | 編集 |

冬休みも終わり、また、いつもの生活が戻ってきました。
すこしずつ日がまた長くなり、キルトのためにママもまた早起きせねば、と思いつつも、実際には子どもと一緒でいつまでもおふとんのぬくもりが恋しいい日々…と戦ってます。408
「起きて!」と言われるのはママのほうだったりも。

キルトは今日で11ヶ月になりました。300
「そんな大きいのにまだ、ゼロさい?」と何度こどもたちに言われたことでしょう。
保育園の送迎や、教室で、とにかく子どもたちの質問をいっぱいたくさん浴びてきたのですが、
キルトが0才なのにあっという間に大型犬になっていったのが、みんな一番興味を持たれたようです。
キルトファミリーも最初はビックリ…!!だったよ。
来月はいよいよお誕生月だね。ゼロさいだっしゅつ、です。
わかってたはずなのに、こんなに早く大きくなるんだったらもっともっとだっこしてればよかったなあ。
寝顔を見てると我が子にも懺悔と反省の日々なように、ノスタルジックな回想ばかりが、今、キルトにふれる度に思い出されます。(ちょっとスイッチが早いですね、困りました、、)
でも、今は26キロくらいで何とか落ち着いて、ビュンビュンしっぽの交わし方も、クールダウンのさせ方も、喜ばせ方もちょっとずつ家族で学習し、ラブラドールとのずっしりとしたふれあいを心からとっても楽しんでます。
お風呂ではまだ、かろうじて膝の上にだっこで洗ってますが、前足を折り曲げてきょとんと今も委ねてるキルトは、もう我が子の赤ちゃん時代みたいで、もう4人分のムギューです。(二の腕がブルブル震えて1分が限界~)
「ああ、みんな大きくなってママの手からもはなれてくんだね、」
この、重量感の存在がパッタリなくなると空虚感だろうなぁ、とちょっぴり切なくもあり。

なにはともあれ、お誕生日にむかって、ゼロ才時代を謳歌しましょうね。439


20070120050816.jpg 
この日は珍しく赤ちゃんぽい表情でみつめられました

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。