我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
266日目 初めての雪の冬旅行
2006年12月30日 (土) | 編集 |

やっとみんな仕事納めとあいなり、キルトファミリーはキルトママの南国の両親を招いて、無謀にも軽井沢にスキーに行くことになりました。(10年ぶりに一緒の正月過ごしましょうということになり、キルトに青い海も見せたかったのですが、5人と1頭が帰省するよりもこの時期、逆路線だし、老夫婦2人が来てくれることになりました♪)

そこには一足先にジョイフルスキーツアーに参加中のシモンと仲間や先生たちがいて、最終日の今日、お迎えを兼ねてそちらに合流して、そのまま年越しする計画です。

宿の方の取り計らいで、盲導犬パピー・キルトも特別に同泊出来ることとなり、今朝早朝、帰省ラッシュを気にしつつ出発。
幸い天気にも恵まれ、また、目立った渋滞もなく、キルトはSAでちゃんとワン・ツーのトイレも出来て、すべてが順調!4時間くらいのドライブで無事到着できました。
恵みシャレーというセミナー施設なのですが、://www.whttplpm.or.jp/mck/index.htm
軽井沢という地の利で宣教師がもともとは保養地などとして築いたという施設で、スイスのシャレー風のカントリー様式でミツションスクールや団体のほかにも個人客も泊まれるんです。
お部屋も身障者用のバリアフリールームがあり、キルトにもその特別な部屋を用意してくださり、
何不自由なく過ごすことが出来ました。というか、天国のようにくつろげました。
チェックインの時知ったのですが、日本盲導犬協会の皆さん方がセミナーで盲導犬を連れて今年この施設を利用されていたということを聞き、ビックリでした。
盲導犬のステッカーはもちろん出入り口に貼られていたのですが通りで尚、心強かったです。
ちなみにキルトはパピーコートをハーネスの代わりに公共の場では着用することで、配慮して頂きました。

初めての積雪やつららをペロペロのキルト。
お部屋ではポカポカの暖房でほとんどうたた寝で、せわしい年の瀬から一番解放されてたね。

お食事も最高に美味しく、年越しの日までしばらくこのクリスマスイルミナーションも残してくださり
ロケーションも良くて、キルトと過ごす最後の宿泊旅行かもしれないこの旅は、本当に感謝なおもいでとなりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。