我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
197日目 盲導犬・元ユーザーさんと
2006年10月22日 (日) | 編集 |
日曜日の朝にチャペル礼拝に行くキルトファミリーですが、白杖をついて奥様と共に盲人の方が来ておられるのは知っていたのですが、今回思い切ってお声をかけさせて頂きました。
「私で良ければどうぞ」と肩をお貸しさせて頂き、
「やぁ、どうもありがとう。」
「実は、盲導犬パピーを初めてあずかってるんです。」
「いやぁ、会ってみたいですね。私も7年前まで盲導犬と教会に来てましたよ。」
「え?!ほんとですか!!今日連れてきてますから是非会ってやって下さい!」と、礼拝後のお茶の時間に初めておしゃべりした仲とは思えないほど、いっぱいお話しし、なでてもらうことができました。
私たちはキッズルームみたいになってる母子室で礼拝を守ることが当時は多く、今の教会はかなり大きい教会なので、当時全然気づいてなくて、そんな方とこれからも毎週お会いできる事や、盲導犬を伴ってまで礼拝を守られていた敬虔深さに、ホントに嬉しい驚きを覚えました。
日本盲導犬協会ではなかったそうですが、チャーシーという、シェパード犬と、エルバというラブラドールと2代と暮らす機会があり、思い出をいくつか聞かせて頂きました。
「牧師先生のお説教中はちゃんと座っていて、礼拝が終わると一緒にたちあがっていたよ。」
「エルバとキルトとはにおいが違うね、」
これからもっと元ユーザーさんのご経験をも伺ってみたいと感動に浸りつつ、今日の新しい出会いに感謝しました♪
キルトをお顔をクシャクシャにして懐かしむように可愛がってくれました。キルト、よかったね!


20061112050026.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。