我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
194日目 庭のトイレ
2006年10月19日 (木) | 編集 |

最近あんなに青かったエバーグリーンの西洋芝が手入れが悪く、枯れ気味なので、というか、枯れている…、ので、さびしいので、ウッドデッキがわりにすのこを強いています。
ホントはくつろぎスペースのつもりなのに、このすのこでワンをするようになってしまいました。
土の地面の方でツーは割合してくれ、シャベルで拾って、隅っこに肥やし代わりに処分してるのですが、ワンはこのすのこトイレをジャーと水まきで洗う日々です。
でも、そとのトイレも上手に「ワンツー」の声がけでできるようになったので、部屋のトイレでもしますが、だいぶ臨機応変に楽に調整出来るようになって助かってます。
あとは、お散歩の勝手な歩きワンがなくなればいいらしいですが、「Q胎のキルトのきょうだいたちは「ひたすら、ほめると伸びるこたちなんですよ。」と言われました。
そそうは黙って無視、いいときにはひたすら褒めまくる、が今も基本の仔育て、です。
枯れてきた、我が家の庭も来春にはキルトのおかげで、丈夫な草木が育つといいなぁ、
ウサギに犬にますます堆肥には困らない、キルトんちの小庭です。


20061019052310.jpg


20061019052051.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。