我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
164日目 敬老の日
2006年09月18日 (月) | 編集 |

敬老の日にキルトを連れて田舎へいきました。208209206205206286
3時間を超える旅は初めてのキルトでしたが、未明の出発にもなり、幸い、ウトウトクレートでほとんどおとなしく寝てる間に無事に長野に着きました。
ちょっと遅い、キルトファミリーの夏休みでしたが、信州はもうすっかり秋、でした。
4番目の孫娘の泊まりがけの訪問に最初不安げだった、おじいちゃんとおばあちゃんも
吠えない、待てる、かまない、の犬と暮らすのは初めてとあって、驚きながらも401すっかり、安心してくれました。392
稲刈りを見ながらのお散歩。
トンボの大群とじゃれあう公園遊び。
子どもたちと泥だらけになっての河原遊び。
夏の暴れ天竜の産物の流木拾い。
すすきの穂が秋風にたなびいて、楽しいひとときながらも、やがて来る冬支度の足音が聞こえてくるようです。たくさん、たっくさんあそんでおかなくっちゃ…。
秋の夜はつるべ落とし。
山々に日が落ちていくので、一気に深い闇夜が訪れ、虫の音が一層闇の深さを増幅させます。
キルトは2晩ではありましたが、心配していた、気候の変化からも体調も守られ、とっても元気にお利口さんに過ごしてくれました。
それから、
キルトママの楽しみの温泉にもキルトを伴って行ってきました。
(といってもフロントで快く預かってくださったので、クレートの中でお留守番ですごしました)
盲導犬を連れて、いつか、ユーザーさんの方にも是非秋の信州をこうして訪ねていってほしいなぁと感動した、旅でした。
もし、キルトが盲導犬になって、また、この地にこの季節に来る機会が与えられたら、きっと立ち止まって、秋を教えてくれることでしょう。
その方の目となって、道を案内する傍らで、パピーのころに歩いた、どれもこれも素晴らしかった思い出の季節をも伝えながら、たどりながら、歩いてくれるなら、とっても素敵ですね。
つかの間の小旅行でしたが、キルトとの敬老の日は秋づくしの、貴重な、思い出を創ることができました。

それから、、、おじいちゃん、おばあちゃん、そして、キルトもたくさん元気で、長生きしてね。
ありがとう。439


20061006120652.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつも楽しみに、そして感慨深く読ませていただいています。
キルトちゃんにとって初めての季節の訪れを、
こうやって愛情深く導いてくれる最良のご家族と過ごせたことは、
キルトちゃんにとって一番の宝物となるでしょうね。
きっと大人になっても、夢の中に出てくるかもしれませんね。

お子さん達のひたむきな姿にも胸を打たれました。
これからも、楽しみにしております。
2006/10/08(Sun) 00:58 | URL  | コロの姉 #-[ 編集]
ありがとうございます
コロちゃんの姉さん、はじめまして!!つたないキルトファミリーの日記を楽しみにしていて下さり、感謝します。
あたふたとせわしない日々のパピーウォーカーぶりですが、喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣くキルトの犬生であるようにと願っています。
これからもぜひ応援くださると幸いです。

2006/10/08(Sun) 23:45 | URL  | キルトママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。