我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日目
2006年04月18日 (火) | 編集 |


今日は気になっていた、深夜のワン・ツーの対処法を日本盲導犬協会の訓練士の関口さんに
質問してみました。お忙しいところ、いろいろとキルトの親身になって相談にのって下さいました。
「パピーちゃんの小さいうちは夜も2回くらいワンをします。」とは聞いてたのですが、キルトのおねしょは夜中の2時から6時あたりにどうもしてるらしく、その頃は私達も眠りに勝てず夢の中…(キルトゴメンネ)。夜中はある程度お互いぐっすり安心して眠れるといいなぁと思ってたのです
2つも対策案をすぐに教えてくださいました。
1つは、夕ごはんの時間を遅めにして、家族の朝までトイレをずらせるようにする、
2つめは、均一だった、フードを全体量を変えず夕ごはんのみを減らし、トイレを長持ちさせる、
水も夜はがぶのみは控えさせること、
「これを両方いっぺんにせず、どれが効くかそれぞれ試して頑張ってみてくださいね!
パパも1つ思いつきました
「初日に唯一夜中成功してた日があったなぁ、ハウスに目隠ししてて暗かったからじゃないだろうか?」朝日も結構入るので、「キルトの朝はそれで早くてぐっすり眠れなかったんじゃないか?」
今晩は先ずはとりあえず夜鳴き対策はもうなし、と思ってたハウスの目隠しと、いつもはしてない部屋のカーテンもしっかり遮光対策しました。
水のみお皿に1センチ浸る程度にし、後はいつもどおりに8時台の夕ごはんと食後ワン後、9時ごろからウトウトのキルト。夜12時前にそっと起こし、もいちどおやすみワン。しばらくしてハウスへ。
「あれ、あそんでくれないの?」と暗がりハウスで寝そべりながらじぃっと横目でちらりのキルトに、「おやすみ、グッド、グッド…。」はたしてあすは…


20060419074207.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。