我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
161日目 家庭訪問
2006年09月15日 (金) | 編集 |
今日はキルトパパが休みがもらえ、盲導犬協会さんから家庭訪問に来て頂きました。ちょっとひさしぶりですのでキルトもひさびさにソワソワしてました。

20060915204132.jpg
家庭訪問を待つキルト


キルトにはW担任のスタッフの方がついています。今日もお二人が訪ねて下さり、いつもどおり優しくキルトに接してくれてキルトも大喜び。そろそろ成犬用フードに切り替えて、1日2食にしていかなければならないとのこと。キルトがんばれるかなー?

実は初めて、教室と家庭訪問が重なり、これも貴重なおべんきょうだね、ということになり、生徒さんにもしばし家庭訪問の場に一緒に参加してもらったんです。
現役盲導犬訓練士さんにしつもん~!の時間を特別に作って頂きました!
しつもん2061「盲導犬の訓練に接してて、大変な事はなんですか?」
こたえ 2091「(見えている私たちと違い、)一度も犬に接したことのない目の不自由な方が盲導犬との共同生活の訓練をする時に、少しずつ触ってもらいながら、怖くないんですよーって、慣れて親しんでもらうことですね。」
しつもん2052「どうして犬はほえるの?」
こたえ 2092「しゃべるかわりに会いたかったよ、とか、ごはんちょうだい、とかって、きっといろんな気持ちをつたえてるんだね、」
しつもん2063「どうして犬は人間になれてるの?」
こたえ 2093「むかーし昔の石器時代くらいのころから、人間が最初にいっしょにくらしはじめた動物が犬だったんだって。オオカミが犬の祖先なんだけど里に下りてきて、番をしたり、ka狩りをしたりと、人間のお手伝いもできるようになるくらい慣れて、仲良くなっていったんだよ。」
次々にこたえて下さり、ますます、憧れのまなざしのこどもたち。
憧れの訓練士さんのおねえさんとお話しできて、おともだち、すごく、よろこんでました!キルトママからもおかまいできませんでしたが、みんなとっても恵まれて感謝でした。

さいごに、散歩のようすも見学していただいたついでに病院で尿検査をしにいきました。結果はすべてOKで結晶もPHも良くなっているとのことでした。骨やガムを我慢してきて良かったねーキルト。


ホッとしたのでしょう、喜びすぎて、キルト姫、夕方はグターとしてました。
お忙しい中、いろんなパピーたちの家庭訪問もいつも思うのですが、ほんとにありがとうございます。


20060915204209.jpg




20060915204301.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。