我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
148日目 夏の子育てを振り返り
2006年09月02日 (土) | 編集 |
いよいよ大台の21キロになり、ノミ・ダニのお薬・フロントラインも9月からは20~40キロ用の大きいサイズになったキルト。286
料金的には200円の差ですが、「20キロをキルトちゃんも超えましたので。」の医院のスタッフさんの声にも(大変ですが頑張ってください。)のねぎらいが何となく感じられます。
今月分のフロントラインとヒビテンというお腹の湿疹のお薬をもらいに行くのにご近所の我が子の幼なじみも「行く、行くーっ!!」となり、総勢6人のお子たちを引き連れて行ったので、ますます(子育てガンバッテ下さい。)と背中に感じたような?!気がしたのかな?ハイ、夏休みの間、3食作り、宿題やお手伝いを手取り足取りやらせたり、イベントを立て遊んだり(イベントを利用して預けたり)、キルトのいる今年は母としては在宅とはいえ、仕事の傍らかなり、めまぐるしかったです。キルトパパはついに夏休みがとれなかったので里帰りも、恒例のキャンプもかなわず…ちょっと寂しい想いを子どもたちにはさせてしまったかもしれません。
そういう訳で、とても十分とはいえませんでしたが、でも毎朝キルトがしっぽをおしりまでふりふりで喜んで「おはよう」と出迎えてくれる日々は私たちおやこにとって素晴らしい忘れ得ぬ夏休みでした。

よく食べ、よく遊び、よく寝る我が子たちよ、少年よ大志を抱き、この夏の体験をも糧にしてほしい。特別なことは何も出来なかったけどパパ・ママは感謝な日々でした。ありがとう、キルト、リリカ、シモン、エミリ。
「あなたの若いうちにあなたの創造主をおぼえよ   ー 聖書 ー」
みんな違って創られたユニークで大切な、神さまの作品。これからもますます楽しみな子育て、です。
そうそう、せめて秋休みにはキャンプでもしましょうね。408

20060911051346.jpg
夏の間の病院通いですっかりなじんでご機嫌で診察を待つキルトです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。