我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
138日目 眼底検査
2006年08月23日 (水) | 編集 |

12時日本盲導犬協会集合でキルトきょうだいQ胎ちゃんとR胎ちゃんズの眼の検査日でした。
ママの仕事の都合で1時半にあわてて出発です。
みんなより遅れての合流でしたので、今月は交流会もなく、みんなに会える唯一のチャンスだったのですが、すぐにお預かりとなりました。「2時間くらいで終わりますね」とクレートごとバイバイ。
しっぽふりふりとスタッフさんと医務室に喜んで行ってしまいました。「キルト、がんばってね」

ママは昼食がまだだったので、たまには、と近くのまぐろ定食屋さんに行くことにしました。
日曜は定休なのですが、美味しいとなかなかの評判なのです。
キルトにごはんをあげてなかったので少々気が引けたのですが、でも1人ランチもめったにないことなので敢行することに。

すっかり、美食後にまったりとセンターに戻り、検査を無事終了した、キルトとご対面。
「盲導犬としての正常な範囲でした!おつかれさまでした。」よかったね、
結膜炎のお薬からもやっと解放された後とあって、とてもホッとしました。
「検査薬の影響で光がまぶしいのでお散歩は夕方以降がいいでしょう、キルトバイバイ」
家で少し遅い昼食となったキルト。食後は一緒にのんびりまったりしました。


20060911040827.jpg


20060911040917.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。