我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉体験とえほんの読みきかせ
2008年01月31日 (木) | 編集 |
今朝は、シモンのクラスでの読み聞かせボランティアの担当日。
四季のシーズンに1回ずつくらいの機会ですが、かわいい子どもたちとともに朝のひとときをすごす幸せを味わえる時です。
ママのお当番は今回が最後の日…はてさて、朝からウィズとゴミ捨てにいったり、ご飯をかき込んで食べさせたり、やっぱりドタバタドタバタの朝でした。

実は市内の小学校では今月福祉体験の時間があり、シモンの学年は視覚障害についての体験授業がちょうどテーマで終わったばかりで、当日は視覚障害者の方のお話を伺ったり、アイマスクで実際に校内を手探りで歩き体験をしたりして見えない不自由や共生について学んだということでした。

「少し子どもたちに体験を交えてのお話でも。」というリクエストが担任先生とのやりとりであり、「盲導犬のえほんのよみきかせ」だったらできるかもしれないということになり、今日をちょっぴりドキドキしながら迎えました。

というわけで、「ハニーが盲導犬になるまで」の実写の多い本と、体験用の点字の紙が図書館でいただけたので、それらを用いながらしばし時を過ごしました。
とっても真剣に聞いてくれる純粋な子どもたち。
盲導犬を身近に感じてもらいたいとパピー服を着せた犬のぬいぐるみを抱え、ボランティアトレーナーを着て私もこどもたちに接してみました♪(なんだかんだいい結構ハリキリすぎ)
朝の会をあてているので、わずか10分程度の時間でしたが、終わってみると、
「いろんな事を乗り越えて盲導犬になるんだな、スゴイナ」という感想が最後あがり、予想以上の反応に驚きました。

この子たちの将来がいろんな不自由をかかえた方々とともに生きる優しい時代ともっともっとなりますようにと願わずにはいられませんでした。
人生折り返しにきたであろう私も小さい者ですが、希望がもてる社会つくりを改めて考えるよい機会になりました。

帰宅後、留守番もじょうずになったウィズはしっぽからおしりまでふりふりビュンビュンで出迎えてくれました。
「ただいま!ウィズ。みんなのためにもがんばろうね」サイズ変更071220 098




スポンサーサイト
盲導犬くらぶ もう一つのパートナー
2008年01月27日 (日) | 編集 |
日本盲導犬協会の機関誌・盲導犬くらぶが我が家にも週末、ついに届きました。
訓練士さんとパピーウォーカーさんのコメントが、ユーザーさんとの2ショットと共に紹介されるコーナーなどがあり、毎回楽しみに拝見している方も多いと思いますが、私も感無量で、今回、そのメッセージ依頼を受け、ささやかながら贈らせて頂きました。
関わった犬を送り出し、手元にいない家庭にとっても、この冊子はパートナーのような存在かもしれない。

キルトが盲導犬デビューをするにあたり、いろいろ思いを馳せ浸りつつも、正月旅行後すぐの締め切りになんとか間に合って餞の言葉を紡ぎました。(アリガトウゴザイマシタ♪)


今回の号には、新年ということもあり、ユーザーさんの会長さんの冒頭挨拶や、カレンダーのページもあり、一層華やいで新春号の装いで、なかなかに素敵です。
そして、ウィズのきょうだいウェリナちゃんたちの写真カレンダーの裏には、14頭のフレッシュな盲導犬たちが掲載されていました。
ページをめくっていくとコーナーの最後のぺージに、きょうだい犬ででもあり、初めの訓練から最後の共同訓練までずっと仲良くいっしょに過ごしたカロ君とキルトが共に仲良く載ってました。

キルトは、仙台訓練センターで訓練を受けたパドルちゃん、カロ君、よりは少し温かい地に戻り、なんと関東と九州を行ったり来たりの二重生活を始めることになりました。
「空飛ぶ盲導犬・キルト」なのだそうです!

初めは戸惑うことも多いかもしれませんが、でも本当にご実家でのステイの間も出会いも倍増で、楽しみな生活ですね。
キルトの新家族になられたユーザーさんの、光と勇気と安心のパートナーとして、これからたくさんの毎日をどうぞ元気にがんばってね、キルト。

テーブルのホールケーキをパクバクッと食べてしまい、素知らぬ顔して口は生クリームだらけだった日。
階段から下りられなくて不安な顔でふるえていた日。
だっこでいろんな外の景色をふしぎそうにいっしょに眺めた日。
パピーの頃をさかのぼって想うと、ずいぶんと成長したんだなー、と懐かしくて当時が霞の中でかわいらしく思い出されます。


キルトのお誕生から子育て、訓練、介助、理解などたくさんの方の愛に支えられてきたことを想い、記事に掲載されている、逞しくなった愛娘・キルトを見て、涙がこぼれそうでした。


キルトのご家族のみなさま、ニューフェイス・キルトを温かく迎えてくださり、キルトとともに歩んでくださり、感謝します。
ますます素敵な日々でありますように。
GOD BLESS YOU!!!

この場をお借りして、スタッフのみなさんの地道な広報活動や、紙面作りを感謝します。
これからもいろいろな記事を楽しみにしています。
20060409232831.jpg







ブラッシング大好き!
2008年01月26日 (土) | 編集 |
この日のウィズブラシ担当は、我が家のオシャレさん・エミリ。
ウィズは、自分から甘えたいときは、ハンドをしきりにしたり、仰向けになってなにか言いたげに見つめ、かまって光線を放ちます。

大好きなブラッシングをされてるウィズはまだまだ赤ちゃんです。
ブラシをくわえようとしたり、
デレーンと体を預けつつもあそんでくれるのを待ちかまえていたり、
かと思えばいつの間にかいびきをグゥスカピィスカかきはじめ、至福の顔でコテッとしてたり…。
何か話しかけるとへそ天の格好でシッポを嬉しそうにフリフリ左右にゆらす姿は委託ほやほやのパピーの時と一緒です。
なんという無防備で素直すぎなのでしょう…。

体は大きくなっても幼さがのぞくミスマッチがますます可愛い盛りのウィズです。サイズ変更071220 185
サイズ変更071220 187
サイズ変更071220 188




成犬用フードスタートです!
2008年01月20日 (日) | 編集 |
おはようございます。
ウィズの体重は22.5キロになりました。
ここのところ寒くて親子ともにお部屋で暖をとっては食べてはゴロゴロおさんぽチョロチョロ…のせいかと反省のママ。
7月生まれのウィズは6ヶ月の女の子なので、バランス表で照らし合わせてみると
一か月先をいく大きさで順調過ぎるほどに発達中!!
計量も目安通りあげてたので、3回食で125グラムずつ。
ちょうどパピーフード15キロ袋も40日で完食になります。

この量までくると毎週5グラムずつ増やしていたフードも一定になり、体重も緩やかに落ち着いてくるので先ずは一安心です。
我が家の貯蔵フードはあと1週間程度で空っぽというタイミングでしたので、
「パピー手帳の7ヶ月前後を目安に成長用パピー犬フードからの切り替えをスタート」
とあり、ちょっと早いですがGOサインがいただけましたので
1か月前倒しに始めることになりました。

今回もフードの注文は協会指定のメーカーの通販でお願いし、代金引換で楽々安心で受け取れました。
丸い粒のパピーとは違い、形がパズルみたいにユニークで、お菓子みたいです。
「面白い。おいしそう!」とウィズはもちろん、子どもたちまで寄ってきました。


はじめは割合をパピー食3:アダルト食7からはじめながら様子を見ていくのですが、食べっぷりもツーも順調で切り替えも順調です。
今ではもう殆どアダルトフードの割合になりました。

体はおとなサイズですが、こころはまだ幼い元気なカワイイ盛りのウィズです。サイズ変更DSCF0219





お泊まり検診
2008年01月16日 (水) | 編集 |
今日はウィズたいW胎のきょうだい犬は眼底検診の日でした。
お医者様のスケジュールで平日12時集合の16時お迎えという予定でしたので、
仕事の都合で始業9時1番預けのお泊まり明けお迎えでお願いしました。

少し離れるのは寂しいですが、いろんな仲間のワンチャンに会えるのでウィズにとってもよい刺激になればいいね。

お忙しい中、ウィズを快く預かって頂き、スタッフのみなさま、ありがとうございます!
ママは鬼の居ぬ間の、イエイエ可愛い姫の居ぬ間のせんたくといきたいところですが、
年末からの家事や仕事がまだまだたまりにたまっていて…何から手をつけていいのか分からないのですが、とにかく1泊ではありますが、今日一日ガンバリマス。
(見下ろせばそこにいたウィズのいつもの定位置に彼女が居ないのはセツナイデスガ)
サイズ変更071220 173
[続きを読む...]
ひさびさのパピーレクチャー
2008年01月12日 (土) | 編集 |
先月のパピーレクチャーはドジママの勘違いのせいで一日間違えて来てしまったために不参加だったウィズ。
今回は仕事を何とか予定通りに終え、ご飯をかき込んで大急ぎで車を走らせ会場に駆け込みました。

ほぼ全頭が参加していて、みんなに会えて先ずは嬉しいご挨拶とワンツーコールでのトイレタイム。
今年初めてのイベントで年始の挨拶を交わしながらも、朝からお誕生グループ別にパピーレクチャーがずらーっとつづいていたこの日のセンターは特に活気に溢れていました。
いろんな月齢のパピパピちゃんがいて、まるで保育園の登下園状態のようです。

ウィズのきょうだいや従姉妹ちゃんたちもいる今日最後の時間割クラスのW・Y・A胎のみんなは、成長と吠え声も迫力を増しているのに改めてビックリ。

今日のレクチャーも満載の1時間でした。飛びつきのやめさせ方、ハウスへの誘導やお留守番のさせ方、人間主動でのお散歩と指示の出し方・ほめ方・ご褒美の有効な使い方などなど。
家庭訪問はウィズの年度は補完的な位置づけとなり減った分、レクチャー内容が濃くなり、うなずいてばかりのママ。
一方パパはキルトのいた頃に比べ、ウィズの行事は全く仕事との調整がずっとつかず、残念そうです。
我が子の学校行事なども全滅状態なのですから仕方ありませんが、ママももうしばらくイベントでは1人2役の正念場が続きそうです。
クレートを浸かっての練習もあり、バンビみたいに飛び跳ねるウキウキウィズを誘導しながら重いクレートを運び込むだけでも一苦労です。
最近体力の衰えと歳を感じていますが、でもいろいろ確認できる有意義なレクチャーを無事に受けられてホッとしました。
ウィズは「シット」や「ダウン」や「ハウス」がとても素直で上手と先生にほめられたね。
やんちゃなりにもちゃんと名前を呼ばれると目を合わせて落ち着くのも段々上手になってきた気がします。

次回以降はある程度大きくなり家庭生活の社会基本はある程度学んだそうなので、パピー後半戦は、いよいよ入所式に向けてみんな揃って多和田さんのレクチャークラスへお引っ越し!だそうです。
もう折り返しかー、早っ。

ウィズも今日はママ同様ぐったりでした。サイズ変更080105 162


キルトのユーザーさんからの贈り物
2008年01月10日 (木) | 編集 |
昨夜、キルトの共同訓練先の仙台の訓練士さんから嬉しいご相談がありました!
「キルトのユーザーさんはとっても明るくて活動的な方でパピーウォーカーさんと連絡が取りたいそうですが、ご案内してもよろしいでしょうか。」
という内容でした。
ひとまずのお別れもできてたので、ユーザーさんとの生活が一番ですし、敢えてこちらからはお願いなどはせずに静かに遠くから応援していきます、と理想を描いていたとはいえ、
もちろん即答!!で
「是非、お願いしますっ!!!」
と答えてしまいました。
早速に今夕に鈴の音の鳴るような朗らかなお声のご婦人からお電話をちょうだいしました。
もちろんすぐにわかりました!
「初めまして!」
とひとしきり家族の様子を紹介し合ったりキルトの小さかったときの話や今の様子を交歓し合ったのですが、ふしぎと緊張もせず、すぐに親戚の感じのやりとりといいますか、大いに共通の子の、つまりキルトの話題を交わしながらひとつの同じ夢に向かっている同胞のような、
ホントにかつて体験したことのあまりない、お目にもかかってないにもかかわらず、自然なおしゃべりを楽しませていただました。20060501174546.jpg


そして、キルトのブリーディングウォーカーさんからもそれはそれは最後の仔たちだったこともありとても愛情かけてくださり私たちにつないでくださった事も添え、キルトの成長にかかわったいろんな方とお話などできるといいですね、といつかのこちらへのご訪問を計画してくださるとの夢も語らい合いました。。

ちょうど年賀状のお返事を書いていたので、早速ユーザーさんやドロシーママさん、ジャンボパパさんちへも嬉しくてキルトのカードをお送りしました。20060424095850.jpg


こんなに早く様子が分かると思わず、また私と一緒で3人の子育てをなされたセンパイお母さんと知り、もうじき光が薄れていく中に置かれておられるとも伺い、どんなマッチングがあったのかまでは伺ってませんが、ウチにパピーのキルトが必然的にきたのだと思うとき、今またキルトの一番必要とされている方のもとへ、一番いい落ち着き場所へとまるで時期的にもかけがえのないクリスマスの贈りもののごとくに、そちらのお宅の子としてやはり必然的に神様がご用意したのでしょう、とナットクしました。
すでにパートナーとしての生活が始まっているとの盲導犬キルトデビューのエピソードを直に伺い、私にとってもかけがえのないクリスマスとお年玉が一緒にきたような、サプライズプレゼントで、温かい気持ちになりました。20060409232720.jpg


命を託し寄り添うパートナーが共に、ずっとずっと素敵な日々でありますように。
一緒に進まれる一歩一歩が光溢れる恵みへの門であり、道でありますようにと願い、信じています。

本当にありがとうございました。サイズ変更回転071125 088
動物病院で年始のあいさつと検診
2008年01月05日 (土) | 編集 |
年賀状に混じって、おなじみになった水色の封筒が今月も届いていました。
いつものパピー通信とカレンダーとfィラリア予防のお薬と、3ヶ月ぶりの盲導犬協会からの恒例のパピー検診と医療費精算のおしらせ。
「検便と検尿のお願い」締め切りは10日。
仕事始めの前のおとそ気分の今のうちに早速すませておこう、とキルトのときからお世話になってる動物病院へウィズを連れてルンルンルンで行きました。
この日はパパも昨日が仕事始めだったものの、お休みだったのでウィズと一日たっぷり遊んでくれました。
でも細かいこととなると頼り無いこのママに任されてしまいます。ま、いっか。

実際にはカバンのホカホカのツー入り袋と予め買ってあるワンのはいった容器さえあればOK
なのですが、ご挨拶とお散歩を兼ねて一緒に連れて行きました。

「大きくなったね、十分だよね。うん、21,95キロ。」

検査結果も異常なしで、旅行の疲れや体調不良もとくに内容で安心しました。
ついでに、先月は忙しさのあまりすっかり忘れていて、下旬にあわてて買いに走ったノミのお薬も今月分は今日で買っておこうね。
「20キロを超えたので今月からはLサイズになりますね。」

ウィズの検診と挨拶がひとしきり終わり、続いてキルトの盲導犬正式デビューの報告とお礼を先生やスタッフのみなさんにお伝えし、一日のお仕事を終えられての閉院間際でしたが、笑顔で喜んでくださいました。
今から5年近く前にさかのぼりますが、学校からもらった仔ウサギを我が家で飼いだした頃、飼育動物の校医である、こちらの病院にお世話になってた頃に張り出していた、「盲導犬パピーウォーカー募集」の張り紙を目にしていたのがそもそものボランティアのきっかけだったのですから、ふしぎです。
当時はまだ我が子も今よりパピーっ子でしたし、でもいつか犬を飼える時期が来たら引き受けてみたいなぁ…と。
色々な出会いとチャンスが重なってこんな報告ができることも感謝でした。
果たしてウィズはどうなるのでしょうか。
サイズ変更080105 191
サイズ変更080105 192

今年もこの子の成長が楽しみです♪サイズ変更080105 168

A HAPPY NEW YEAR 2008!!
2008年01月01日 (火) | 編集 |
あけましておめでとうございます。

昨年は初代パピーキルトの訓練スタート、2代目パピーウィズとの出会い、そして盲導犬キルトの新しいパートナーさんとの出発…。
とめまぐるしい感動満載、泣き笑いいっぱいの激動の1年でした。

2年とはいえ、まだまだ奥深く不慣れなパピーウォーキングを通していただいた、たくさんの愛と励ましと叱咤激励も感謝します。
またつたないこの日記にも心通わせて来てくださってるみなさま、立ちつくしたり、元気をなくしそうになったり、不安な時も時々お声をもかけてくださってありがとうございました。

いつまで続けられるのか分かりませんが、明日を守られるお方に委ねつつ、今年も前を見つめて歩いていきたいと思います。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。サイズ変更071220 099

happy family day at Kanagawa &Senndai♪
サイズ変更071125 336
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。