我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育てとパピーウォーカー(377日目)
2007年04月20日 (金) | 編集 |

「プロフェッショナル」を先日観て、たくさん元気をもらいました。
キルトが直接出演したわけではないけれど、キルトのこと思いだし、入所式を思いだし、食い入るように想いを馳せ観ていたパパ208
仲良くさせて頂いた知っているセンパイ犬たちが出演していて、それだけでも楽しく、ビデオで3回も通して観たママ206
観終わってふたり。
「子育てになかなか活かせないもんだねぇーーー390
ガハハと笑い、ふてくされる子どもたち413
「わかってるじゃん、だったらそうしてよ、ホントだよ、全く。」
そうなのです、いつもキルトとは別物にして我が子には怒って412ばかり。猛省…
おんなじようにできれば、きっとしっぽびゅんびゅんの素直な子が育つのでしょうが、パピーウォーカーさせていただだいた経験をそろそろ役立てないと、しっぽしょぼんのウチのパピーたちもかわいそうだなぁ…。
とにかく、いろんな意味で多和田さんの、命を預かる盲導犬を育てる仕事を通して、母として、社会人として、前向きに接する姿勢を正された想いです。

グッドでスマイル。
褒めるにはタイミングがある。
褒めて育てた子は喜んで仕事をする。
自分は正しいんだと自信と信頼を築くから。
壁にあたってもいい、それを素直に受け入れ乗り越えるときこそが成長のチャンス。
ぶれてもいい、でも戻れるところをもっているのが、プロフェッショナル。

どれもこれもいい言葉でした。
敬虔なクリスチャン259の家庭に育った多和田さん。
ハンディを乗り越えて盲導犬をいつも家族のパートナーのようにニコニコ連れていた牧師と出会ったことがきっかけで、そういう人の助けになりたいと思ったそうです。
まだまだ盲導犬のなじみが薄かった30年以上前の日本に盲導犬訓練士、という道を大学をやめて訓練所の門をたたき、挫折も味わいながらも懸命だったそうです。
ハンパなきもちではできないことですよね、スゴイナぁ…。
そして、現在では犬も育てながら訓練士のタマゴたちも育てている、イヌ語を自在に操る凄腕訓練士。
キルトは恐れ多くも同伴させてもらったなんて。
でも、愛に溢れた、強くも優しいかたでした。
楽しく褒められながら、キルトもいまごろゲームのように訓練してると思い、安心してます。
我が子もキルトのように子育て今からでもできるでしょうか、パーフェクトにはいかないかもですが、まずはグッドでスマイルからトライしてみます。
再放送があるので、見逃した方はよろしければぜひどうぞ!


20070420193915.jpg20070420193828.jpg

スポンサーサイト
盲導犬=人生のパートナー(375日目)
2007年04月18日 (水) | 編集 |

昨夜放送のNHK「プロフェッショナル」ついに視ました!
キルトに想いをはせつつ、思わず胸が熱くなりました。

半年から1年という現役訓練犬期間まっただ中のナサや、キララ、エリス、オプティたちの活躍ぶりや、訓練士さんたちの生き様、そしてなにより盲導犬を必要としているユーザーさんとの、盲導犬デビュー間近におこなう、3週間の共同訓練の様子なども紹介されていて、心打たれっぱなしでした。
私たちはこれらの盲導犬育成の大きなスケールの中では、星空の1点の小さな星に過ぎませんが、番組でもふれていた、褒めて育てることの大切さを一貫して教えてもらえたこと、また、キルトという盲導犬パピーと過ごせたことは、本当に尊い、貴重な体験だったのだと改めて感じました。

ハプニングや失敗も多く、とても優等生なPWではなかったけど、未熟ながらもキルトと少しでも成長して、そして、訓練士さんへ託させて頂けたことをとっても感謝だったなぁ、と温かい想いで、視終わった後はいっぱいでした398


また、多和田さんはじめ、多くの訓練士や訓練学生の皆さんの、命を預かる犬を育てるという、厳しいながらも、犬や人への血のかよったお仕事ぶりと、切実に盲導犬との新しい生活が待ち望まれている現実に、ワタシモ悲しんでる場合じゃないナーとシャキっとさせられた想いにもなりました。

褒められて、楽しんで、人生のパートナーとして共に歩くパートナー・盲導犬。
キルトの新しい家族になるかもしれない方も今もずっと待ち望んでいるのですね、
犬にも個性があるのも現実で、適性試験も厳しいようですが、
キルトだけでなく、訓練犬のみんなができることならそうした、みんなの想いに応えられといいね。
なんだか、感動して入所式より泣きそうでした395
こうしてガンバッテルんだー…とやっと実体験できた気持ちです。
犬も人間もみんな、みんな、小さい私たちも素敵な人生の新しいパートナーとの未来を応援しています。


20070418025154.jpg


 

プロフェッショナル(373日目)
2007年04月16日 (月) | 編集 |

明日は楽しみな番組があります!
以前、ちょこっと触れたのですが、
キルトの誕生日に神奈川訓練センターに行ったときに偶然取材中だった、盲導犬訓練士・日本盲導犬協会ゼネラルマネージャー多和田氏の一流の仕事の流儀を紹介する、NHK総合「プロフェッショナル」がいよいよ、公開されます。(22時スタート~予定)

おそらく、キルトより前の訓練中のセンパイ犬たちのがんばりぶりも紹介されると思うので、
こんな様子なんだなぁ、とうかがい知れるのではないかと。
と同時に、クィールを育てた多和田さんの犬に接する信念や、想いにもとても興味があります。

ご興味のあります方は、よかったらどうぞ!

20070418031145.jpg

訓練士さんより一報ありました!(370日目)
2007年04月13日 (金) | 編集 |

キルトの担当の訓練士さんがきまりました!314
訓練士さんと一緒に、キルトには2・3年の訓練生さんも担当についてくれるそうです。
どちらも話では男性の方だそうです。
キルトパパには、キルト、比較的お利口さんでしたので、きっと素直に頑張ってくれると思います。

あわせて訓練場所もきまりました!
神奈川に残っているそうです。
5頭きょうだいのうち、お兄ちゃんのクルーク君と弟のカロ君も残っていて、キルトの訓練士さんが一緒の担当だそうです。
キュエロチャンとクルークちゃんは仙台か富士に出発したようだとのこと。
離れてもきょうだいみんなでガンバロー!同期のみんなや、訓練中のセンパイ犬さんたちにもエールを贈ります。
訓練始まったからには、1頭でも多くの盲導犬が生まれてほしいです。

キルトの最近の様子も短い時間ではありましたが、親切に教えてくれました!
この1週間は、キルト、とってもいい子だそうです。
入所式では、名前をパパに背中に叫ばれて最後、一瞬ふり返り立ち止まった後、シッポを振ってスタッフの方とトコトコ犬舎に入っていったキルト。
我が娘にはちょっぴり悲しそうに映ったキルトですが、恒例のフリーランも大好きだったので、いつものようにママには「チョット楽しんでくるね♪」ってな具合に見えました。
「どうしているかなー」と…ずーっと楽しみにしてた近況報告です。
今までのどんなに不安な最近の状態でも親ばかな私たちには、「いい子」の一言で安心してしまいます410
まだ今週はハーネスはつけずに楽しく遊びながら、歩行訓練などの前段階で、新しい環境に慣れる練習をしてるそうです。
ヨカッタ、よかった。

ガンバレ、キルト。
心はひとつだよ。439

20070418013957.jpg

キルト、いまごろどうしてるのかな(369日目)
2007年04月12日 (木) | 編集 |


281おはようございます。
寝起きのパパ「キルトー…ッおはよぅ!あーいないんだった。」
仕事後のママ「キルトを迎えに…アッ、エミリを迎えに行ってくるね。」
電話が鳴るたびにこどもたち「キルトの様子の連絡だった?」
ついついまだパピーウォーカー症候群がどうやらつづいているようです、ハー390
心配してた子どもたちもリハビリはがんばっていて、
みんな頭ではもう分かってこんな会話ができるようになりました。
「訓練士さんに可愛がられて訓練がんばって、出来ることなら盲導犬にもなれますように、」って。
でもついついしゃんとしてないとキルトのことをまだ傍にいるかのような発言や言動をしてボケてもいます。
みんなで笑い飛ばしながらも、「キルト、いまごろどうしているのかな?」
の締め言葉とともに、ため息になってしまうこともいっぱいです。

健気にいつも指示や、おさんぽかな、ごはんかな?とじぃっと見つめてくれていたあの瞳がなつかしいです。

ひとまずの次の楽しみの目標は、TP(タスクパフォーマンス)1後にあるであろう面会です。
キルトたち訓練犬の稟性をみる中間テストのような試験が2~3ヶ月後にあるのだそうです。
40ウォーカー、訓練士さんと過ごした後に総合判断し、訓練に支障が無さそうだと判断されれば、私たちPWとの面会がかなうそうです。
あるであろう、というのも今回はかつてない規模の41頭の一斉訓練ということで、横浜だけでなく、富士に8頭、仙台に4頭送り、訓練をとにかく第一に(当たり前といえば当たり前ですよね)進めるそうです.。
パピーウォーカーさんちへの里帰りや、面会申し込みなども対応できてたときもあったそうなのですが、TP1終わるまでは面会せず、今後もキルトの訓練次第ではTP2まで会うチャンスはないかもしれません。
「富士になっても仙台になっても面会できるんだったらもちろん会いにいくぞ!」
とパパたちは張り切ってます。

残りの60ウォーカーを経てさいごのTP2にも合格したら、次は歩くテンポや体格や、性格の相性などをユーザー希望の方とマッチングさせて共同生活訓練に入るのだそうです。
でも盲導犬になれるのは全体の3分の1くらいで、その不適性のうちの6割はTP1の段階で、4割がTP2で盲導犬とは別の道を歩む評価を受けるそうです。

「適性を曲げてまで犬には無理をさせない」という方針だけに厳しい数字だけど、できるだけたくさんの盲導犬が私たちの同期入所犬からもうまれてほしいなぁ~。

でも、感謝なことには、同じ理念を持つ他の協会へ補助犬や介助犬としての活躍や、とくに選ばれて盲導犬を残すための繁殖犬、あるいはPR犬、そしてキルトとすごすチャンスがあるとしたらこのケースなのでしょうが、キャリアチェンジ犬といってボランティアさんちの家庭へ譲渡されて出戻って一緒に再び暮らせる場合もあるそうです。
ちなみにリタイヤ犬はユーザーさんの希望や健康管理を施せるかといった次第なので、PWの家にはキルトを希望していても叶わないときもあるようです。

どんな道でも拍手で受け入れたいですが、母的には同じ女性として、キルトがもしも繁殖犬になって赤ちゃんパピーを産んだりしたら、と思うとちょっぴりドキドキワクワクです。

キルト、いまごろなにしてるのかな?   しっかりお勉強がんばってね。


20070412074519.jpg

キルトがいない朝(366日目)
2007年04月09日 (月) | 編集 |

「おはよう!キルト。いま、ごはんのじゅんびするね、はいワンツーしておいで~」
ハウスにびゅんびゅんのしっぽがあたるおかげで、いつもガタガタとケージを鳴らす騒々しい音が毎朝ごとの再会のBGMでした。が、それもしんとしてありません。
(忙しい元気な朝がまたはじまったゾ!)と気合いが入るキルトと私たちの朝のひとときのマーチだったなぁ…


20070311174106.jpg


「ハー390
ブログをかいていてもぽっかりと空いたこの穴。
こんなにも大きかったなんて、知ってたはずなのにやっぱりわかってなかったです…キルトに費やしてた想いや時間をするべきこと、傾けなければいけないことは他にもたくさんあるのですが、気が付くと、ついついもてあまし気味…。

でも、キルトは今頃訓練士さんも決まり、訓練場所も決まってはりきっているんだろうなぁ。
ため息ばかりついてないで、ママたちもがんばらないとダメですね。
「そろそろ家事を立て直してくれないかなぁ」というパパも何だか力無く…。
実のところ、キルトのいたお部屋さえ、かたづかない有様。(イカン)
キルトのカジカジしてたガムや、お皿や、おもちゃや毛布のびみょーな散らかりようが当たり前だったわがやのこの1年のリビング。
キルトのせいにしてたけど、ほんとはみなでごちゃごちゃ過ごせてるほうが居心地よくて。
キルトの分広くなったのに、よし、片づけるぞ、と思うだけでやっぱりまだ現実と向き合えてないようです。(イカンイカン)
かえってきれいにすると落ち着かないようで…なんとなくまだそのまんま。

「いまごろ、アイツどうしてるかなー?」
仕事を終えて帰宅するなり、ぼそっとつぶやくパパ。そして、
「(協会から)なにか報告の電話あった?」
入所式には柄にもなくサングラスして、かっこつけて無骨に振る舞ってたパパもやっぱりとてもキルトのこと気になるようです。
(キルトとの撮影を終えたあたりからはグラスの奥で目を腫らして泣いて、花嫁の父してました)
逆にママは泣くといったことはなく、でもママにはそのときはキルト、スタッフさんたちと嬉しそうに「行ってくるね!」と見えたので、責務も無事仁終わり、ほっともしました…。
たいせつなアズカリモノ・キルトと家族の中では一番長くすごしたので。
それといつもスローテンポなので、ワンテンポ遅い性格が幸いにも泣かずに済んだのかも。
シモンとリリカはトイレで号泣したとか。
ママはエミリとニコニコキルトをなでなでしてて全然きがつきませんでした。

なにはともあれ、キルトのいない朝のはじまりと向き合うリハビリのスタートです。
今日も、明日も、そしてまた明くる日も…。


20070410144013.jpg


パピー犬・キルト、バイバイ!

キルトさよなら!~パピー終了当日~(365日目)
2007年04月08日 (日) | 編集 |

「キルト!元気でねー!!」


***************************************




リリカです。
今日はついにキルトの入所式。
それで、朝に何度も言った公園にキルトをつれて行きました。
キルトはいつものようにロングリードをつけて元気一杯お友達と遊んだり、走り回ったり。
今日の午後には行っちゃうなんて、実感がわきませんでした!398



20070408230017.jpg





そして盲導犬協会に着きました。いよいよ、入所式が始まります。
キルトは訓練犬の首輪をしました。でも、お友達に会って興奮しています
これで、盲導犬になれるか心配263デス。
でも、入所式が始まって、訓練士さんのお話の時はいい子にダウンして待ってました。
キルト、グット!!407


20070408230343.jpg20070408230730.jpg


いよいよ、記念写真の撮影!!!これが終ったら、本当にキルトは犬舎に入ってしまうので、お別れです
行って欲しくないけど、頑張って訓練して盲導犬になってほしいなぁー
写真撮影では、ハーネスをつけて撮りました!!盲導犬になれると(・∀・)イイネ!!
家族とキルトだけでも撮りました!


20070408225734.jpg


20070408231214.jpg


写真を撮った後は少し一緒に過ごして、訓練士さんが迎えにきました
キルトを訓練士さんが連れて行って歩いていったら少し行ったところでお父さんが
「キルトー」って叫びました。
キルトはこっちをふりかえってじぃーーっとかなしそうな目でこっちを向いてくれました409
すごく悲しかったけどキルトがリリカたちの方を向いてくれて嬉しかったデス408


20070408225337.jpg 

308ありがとう キルト!
254254254訓練頑張ってね!」
 254254254


20070408225919.jpg
パパ:キルト立派な盲導犬になってね。
ママ:たくさんの愛をありがとう。


 

山歩き~あと1日~(364日目)
2007年04月07日 (土) | 編集 |
入所を明日に控えたこの日は、かねてからお手伝いを申し込んでいた、田おこしにキルトといってきました。
農作業体験ファームをするのはもちろん初めて。
木を切り倒し、トラクターで掘り起こし、1年かけてお米作りのスタートです。
今日が初めての作業日で、キルトは初めて会った体験者の皆さんや、農家の皆さんにも
「訓練がんばってくるんだよ!」
「収穫の頃には、盲導犬・キルトちゃんのたんじょうかな?」
とたくさん声をかけてもらいました。

昼食のあとは、近くの自然をみんなでガイドしてもらいキルトは嬉しそうに一緒に歩きました。
うぐいすの声や、かえるや、だいこんの花に菜の花など、桜の木々の間にもたくさんの春の訪れがここにはあふれています。
土の上や、山の中を散歩できてたことはあんまりなかったので、キルト、うずうずしてるようです。もっとこんなワイルドな散策もすれば良かったなぁー、住宅街からちょっと入っただけでこんなに素敵な場所がたくさんあったなんて、と、残り半日になり、心残りちょっぴり抱きながらも美味しい空気を深呼吸してきました。
キルト、これからのたくさんいろんなとこに訓練でいくでしょうね、山の素晴らしい大自然を、遠くに近くに眺めながら、これからも離れても季節を一緒に感じようね♪
今日のお散歩は珍しく一緒に歩いた、パパママの思い出の1日だよ。

20070412184734.jpg
20070412191542.jpg
20070412190830.jpg
20070412191406.jpg
20070412191254.jpg
20070412180829.jpg

あと2日~(363日目)
2007年04月06日 (金) | 編集 |

今このblogを書いている時点であと48時間を切っています。
日曜日の14時…。
そのときはもう刻々とせまっています。
キルトに話しかけてばかり…。


20070406213036.jpg
こんな目や…
20070406212207.jpg
こんな目で見つめられたり20070406211132.jpg
こんな風に頬を寄せ合ったり
20070406211211.jpg
じゃれあったりできるのもあとすこし…


なにも知らない無邪気なキルト…。
散歩していても思い出が多すぎてつらいです。
でもこの先きびしい訓練とお勉強が待っていると思うと、
今のうちに少しでも自然とふれあわせてあげたい…。
きょうもいっしょに歩きました。


20070406212736.jpg




もうどう犬パピーキルト
一年間いろんなことを体験しました!
ちょっとはやいけど我が家にきてくれてありがとう!
あと40時間だけどよろしくね!!!


20070406213814.jpg


思い出の場所③キャンプin桜~あと4日~(361日目)
2007年04月04日 (水) | 編集 |



最後の旅であろう今回の春休みのひとときは、何もかもが愛おしい時間でした。
カウントダウンの砂時計の砂がなくなっていくようなキルトを囲んでの一瞬一瞬の時が一粒一粒の流れゆく思い出のようです。
今の正直な気持ちは、散りゆくはかない桜の花びらが、潔くその姿を消していくけれど、香りや残像にまだ酔いしれているような…最後の美しい日々にせつないけどなんだかぴったりです。

今週はどこの並木や公園もさいごの満開の桜が252愛でられます、キルトとのお散歩も桜で始まり、桜でおわりそうです…。
桜を見るたびにこれからはキルトを思い出すことになるのでしょう。

キルトの成長を楽しみに来てくださったみなさまにも本当にありがとうございました。
キルトは私たちとの砂時計とは関係なく、のんびりいつも通りに過ごしています。
おひるねしたり、綱ロープのようなしっぽをびゅんびゅんふりまわして遊んだり…。

無邪気で愛おしいです…。
キルトちゃん、こんなわがやにきてくれてありがとう!!
さいごにパピー犬キルトとの旅行のプレゼントを与えてくださった主に、感謝します。

20070410083616.jpg20070410065726.jpg20070410082330.jpg20070410083007.jpg
20070410065300.jpg
20070410065927.jpg

日本盲導犬総合センターへ~あと5日~(360日目)
2007年04月03日 (火) | 編集 |

やっぱりこの日も小雨交じりの曇天の空…ですが夜明け前にはみんなで興奮気味で起床。
キャンプ2日目は、かねてから行ってみたかった、富士宮に昨秋オープンした総合センターへ。
本当は昨日訪ねる予定だったのですが、新年度初日で、異動辞令や全体会議などにあたり、神奈川訓練センターへスタッフの皆さん行かれる臨時休館日と知り、あわてて繰り下げました。
いつもバタバタなキルトファミリー408
(ちなみに通常は毎週水曜日が休館日だそうです。週末は11時と2時の2回、平日は2時のみにデモンストレーションや細かい施設見学会もあり。だそうです)
でも、この日が富士宮異動初日の訓練士兼マネージャーさんが、入所前のそんなキルトたちの事情を汲んで、張り切ってとても親切丁寧に見学のお相手をスペシャルでしてくださることに。(お忙しい中、本当にありがとうございました!)

近くには温泉や富士西湖のコウモリ洞窟、苺狩りのハウスもあり、親子での観光にも魅力たっぷりな富士山麓ですので、シャワーが使えず、ちょこちょこ寄り道して温泉朝風呂にも入ったりしてきたので、キルトはやっと着いた~と大あくび。
でも白とガラス張りを基調にしたデザインと環境にとけ込んだ建物で、犬にとっても人間にとっても本当に気持ちの良い施設だなぁ~と感動!
また屋外も、ボランティアやユーザーさんの応援タイルベンチや、慰霊記念碑など、ゆったりと公園風につくられていて、未来へつながる犬との共生の空間で、嬉しそうにグイグイ闊歩していくキルトです。


20070404222154.jpg


出迎えてくれたPR犬のイネスちゃんや訓練犬のフェイスちゃんたちと遊びたくってたまらない様子です、でも今日はまだガマン。
(キルトたちの入所式のパピーたち41頭のうち10頭がこちらへ訓練に来る計画だそうです。
なので富士山をキルトが見ながらの訓練が近くあるかも!というわけで、雲に隠れた壮大なフジヤマは今回はお預け、です)

引退犬たちのおへやです。↓
10才から14才のパーム、バーディー、サクラ、ラッシュ、の4頭と預かり犬リタ?の計5頭がのんびり過ごしていました。
ボランティアさんの家同様、選択肢の一つとして、24時間スタッフが老犬の介護にもあたれるようにとつくられた、こちらも素敵な場所でした。

20070404222737.jpg


20070404222318.jpg

↑ 生後50日の委託前のパピー犬たちのおへやです。
ジルママとズズママの2胎のパピーちゃんだそうです。
「カワイイ♪キルトもこんなだったんだよね~」と子どもたちも感慨深げ。


20070404222253.jpg
ショップでまたまたチャリティグッズなどをお買い物♪


20070404222337.jpg


20070404222220.jpg
楽しい貴重なキルトとの見学でした。ここに訓練に来るのは誰かなぁ~?

[続きを読む...]
初めてのキャンピングカー~あと6日~(359日目)
2007年04月02日 (月) | 編集 |

春休みに夫婦で休みを合わせての連休がやっとこの3日間とれ、子どもたち念願のキルトとの小旅行に行ってきました!
といっても今朝、パパの仕事が急にお休みになり、転がり込んできたラッキーな家族の休日。
さて、お泊まりといっても犬同伴で当日予約もままならず、テントといっても雨天だしなぁ…と悩むことしばし…
ええい!と1台だけ空いていた、(それも水回りに故障難あり、で)キャンピングカーを思い切って、1日レンタルすることに。
2割引いてくれたので、その分、バーベキューの食材やおやつをたくさん買ってしまい、子どもたちは雄叫びの乱舞で大喜びです!
今晩は、桜祭り真っ盛り中の、大島キャンプ場で泊まることにしました。
今夜はさすがに他にお客さんは居ず、見事に貸し切り、です。
相模川沿いの一面の荘厳な桜並木が、雨にしっとり濡れて、時雨サクラもとってもきれいです。


20070404192905.jpg

20070405111847.jpg


20070404192923.jpg
キルトは焼き肉の誘惑にも動じず、健気にお供してくれています。
ライトアップされた夜桜は、キルトにはどう映っているのかな?


20070404192948.jpg

20070404193006.jpg
シモンが最後までキルトの傍から離れず、
とうとうクレートの中で気がつけば一緒に寝てしまっていました。
キルトと同じ空間で眠れる恵みの中、
雨音とともに静かに夜は更けていきました。

[続きを読む...]
お花見日和~あと7日~(358日目)
2007年04月01日 (日) | 編集 |

352ぽかぽかの絶好のお花見日和です。252
「キルトつれて公園でお昼をたべよう!」
思い立ったらいつもバタバタと張り切って、気が付いたらBBQして、275い~い気分になってました。
公園の傍らでキルトはガム1本で花見客の喧噪のなかでも静かにうたた寝したり、カジカジした
り…。


20070410154425.jpg


20070410153501.jpg20070410153327.jpg


おっとりまったりOFFと散歩の時のONモードを見事に使い分けてるようです。
来週の今日はお別れなんて。
さいごの1週間の今週は、たくさんたくさんキルトと桜を満喫したいです。


20070410153926.jpg20070410153130.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。