我が家の初代パピーQuilt(ぬくもり愛包み)キルトは盲導犬に。黒ラブの2代目パピーWith(一緒につなぐ)ウィズは盲導犬になるため訓練中でしたが、途中キャリアチェンジ犬に。パピーとわが子の子育てで愛と希望、喜び悲しみをも分かち合えたら幸いです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィズとの夏休み
2009年08月25日 (火) | 編集 |
昨年は盲導犬の訓練中だったウィズ。
でもキャリアチェンジ犬となり、我が家に戻った今年の夏休みは、毎日ウィズと一緒です。

避暑がてら信州にウィズを連れてみんなでのんびりしてきました。
稲の穂がまぶしく、山々がゆったりと横たわる光景は日頃のせわしさをしばし忘れさせてくれました。

ウィズは周りのみなさんにもかわいがられて感謝でした。
わが子らも温泉に釣り、山登りにマレットゴルフと自然浴を満喫の夏でした。

遅くなっちゃったけど
ウィズ、2歳だね。おめでとう!

夏生まれの元気なウィズのきょうだいみんなもお元気でしょうか、おめでとうございます!!
ウォーカーさんや盲導犬にかかわるみなさんもハッピーな毎日でありますようにと願いつつ。
サイズ変更090706 007
スポンサーサイト
予防注射と検査してきました
2009年05月12日 (火) | 編集 |
ハナミズキが咲き、薔薇も香りを放っています。
お散歩道中が草花でにぎやかで、春欄慢ですね。

そういえば、ウィズは、春に狂犬病の注射も近所の公園で無事済みまして、フィラリアとノミダニ予防薬もかかりつけの病院で今朝を受け、無事再開しました。

ウィズは元気そのもの。

ちょこ困りごとは、パパママが帰宅するときにはきまって鳴いてしまうこと。
よーく響いてしまいます。
その反面、玄関開ける頃からは、息をひそめるかのように
「ワタシ、鳴いてなんかないヨ」
とばかりに物静かにスマシテ盲導犬ぶっているから苦笑です。
パパは
「それも含めてかわいいじゃないか~」
と言うのですが、野太く吠えたり、狼のようにワオーンと連呼するときもあり…限りなく盲導犬から遠い最近のウィズちゃんでママはご近所にも気を遣いトホホであります。

家人が中にいる時や、いっしょのおさんぽではそんなこともないし、ほんとに優等生なんだけどなー。
盲導犬協会さんでもスタッフをされていた知人の方が、自宅で訓練所を開いているので、時々相談にのってくれます。
個性なんだとは分かりつつも、みんなにかわいがられるよう吠え癖は少しは落ち着かせたいなぁ。

「ウィズがどんな様子かみてみましょう」
というわけで、今度家庭訪問を受けることにしています。

ウィズのきょうだい犬が最近、それも近くで盲導犬デビューしてるのを知り、嬉しくなりました。
きょうだいの道や個性は違ってもみんなそれぞれの置かれたところで輝けますように。

キルトに会ったよ!
2009年04月12日 (日) | 編集 |

しもんがマラソン大会に出場しました。

サイズ変更090405 026

旅の途中でキルトに会いました。
久しぶりキルト!覚えてる???

サイズ変更090405 086

よかった!すっごくよろこんでくれました。
ありがとうキルト!
サイズ変更090405 057

キルトはこのポーズがお気に入りのようです。
サイズ変更回転090405 034

キルトまた会おうね!

春になり、心も和らいで
2009年03月13日 (金) | 編集 |
ウィズママです。

今年の冬は、年の瀬にウィズとわが子のことでちょっとしたハプニングがあり、緊張することも続き、
なかなか落ち着いてパソコンに向かえないでいました。

訪ねてくださっていた皆様にはほんとうにごめんなさい。

心もだんだんと軽くなってきまして、久しぶりに書き足せそうです。

春というのは、いいものですね。

冬もあるから春もかんしゃです。
ということは、
冬にもかんしゃですね。

全ては益になる、マイナスはプラスに。
GOD BLESS YOU!!!

わがやのウィズを、そして、盲導犬・キルトもこの一年もかわいがってくれてありがとうございました。
新年度も引き続きよろしくお願いします!
サイズ変更090108 019


春の日差しに
2009年03月12日 (木) | 編集 |

まだ寒い日が続きますが、日差しは春ですね
ウィズも元気に暮らしています 

サイズ変更20090312161543

仲良し♪バレンタイン
2009年02月14日 (土) | 編集 |
エミリが学校のイベントで、今年の寒い冬にはあったかうれしい、マフラーを編んできました。

といっても指でかんたんに編める、指編みの三つ編みマフラーです。
1時間半くらいで仕上がったそうで、だいすきなブルーのグラデーションが効いていて、初めてにしては予想以上のなかなかの出来映えです。

チョコの代わりにマフラーでのふたり。
本人もとってもご満悦で、ウィズにも無理やり?巻いては
「ウィズ、かわいい~」とニコニコでした。

サイズ変更090108 061



通院卒業できました
2009年02月05日 (木) | 編集 |
我が家は病院に行くことがほとんどない家庭でしたが、
この2ヶ月間は予約、診察、薬局、送迎の日々が続きまして、体に弱さがある方々の痛みや、想いがちょっとではありますが、分かった気がします。

エミリは、みなさんに優しくしてもらい、救急車のサイレンにも
「だいじょうぶかな?」
「おおきくなったらかんごしさんになろうかな?」
と想いを馳せられるようになったり、
「わたしの痛みは指だけだけど、他にも病気やけがの人がいるんだね、」
とか
「十字架に架かったイエスさまはもっと痛かったよ、ママ、だからだいじょうぶ」
とクリスマス洗礼後のできごとだったこともあり、点滴姿にてれながらも笑ってのける姿に母としても慰められました。

そして、きょうでひとまず、治療が一段落つき、
指も神経も血管も再生してくれ、見た目にもだいぶきれいになり、心配された感染症と再手術もなく、消毒と感染防止の点滴と飲み薬の治療だけで終えることができました。
(書類を整理するとそれでも30回近くの通院歴…。我が家のレベルからすると10年分位通った感じです。)

振り返ると、大晦日やお正月もバタバタと通院、治療第一で、子どもたちにはお出かけやごちそうもままならず、途中、熱と腫れや、抗生剤のお薬で薬疹が体中に出たりと、さびしい想いをさせたり、心配なことも多々ありましたが、
その時々でいつも祈られている確信は変わらずにあり、私たちは鍛え上げられて、今回のことで強くさせていただいたようです。

「ウィズはかんじゃったけどかわいいよ、ウィズは悪くないよ」
と相変わらずいっしょになかよく暮らしています。
ウチの子の指で、よかった…。
(骨ガムをおいしそうに夢中で噛んでるウィズの歯の血が心配で気になったばかりにいつものように手を差し込んだハプニングでしたので…ウィズもびっくりしたよね)

この経験を生かし、いただいた感謝をこれから少しずつ、周りの方々へ恩返しができればと思います。

サイズ変更DSCF2693





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。